宮崎晃吉さんのMOCTION|わたしのMOCTION|MOCTION

宮崎晃吉さんの
MOCTION

木材はCO2のストックである。原木市場や製材所でうず高く積まれてる木材をそのまま都市にぶち込んでみたい。MOCTION設計デザイン(施設・家具) 宮崎晃吉

原木市場や製材所の現状から
課題が見えてきた

施設やプロダクトの設計をする前に、まず実際に青梅や多摩の現場に伺って、製材所や原木市場の競りなどを見せてもらいました。そこで僕が驚いたのは、東京の森の原木や木材のリアルな姿でした。

原木も木材も、かなりの量がうず高く積んであって、迫力に圧倒されたのが一つ。他にもトレーサビリティーの部分で、すでに取り組みがされていて、透明性があると分かった。どこの山で伐って、誰が製材してとか、材木屋さんや施工者ぐらいの所までは、何処から届いているか分かるわけです。

木材は産地がわかる。そこが非常にユニークなところで、鉄とかコンクリートは、色々混ざってよくわからない抽象化された素材なんです。だから産地がはっきりしている事は木材にとって必ず強みになると思うんですが、同時に感じたのは、エンドユーザーがそれを知らないなっていう印象が僕らの感覚ではあったんですね。

「この産地の木材を使うって事は、どういう事なんだろう?」というところが、ユーザーの気持ちとしても、単純に僕ら建築家としても、よく実感できてないなと。でもその部分は、何か単純に見せ方の問題じゃないか、という事が、今回の課題の一つとして感じられたわけです。

他に気になっていたのは、消費のカタチが、ここ数年すごく変化してきてるということ。「買ったモノの先には、何が繋がっているのか?」そこを意識してる人が確実に増えた。それは個人単位でも、企業単位でもそうですが、自分たちのビジネスが、どう社会に貢献しているか意識してるんですね。

だから「東京の人たちが、東京の森の木を使っていく」ということに、価値や意義があるし、その意義が伴う消費に、きちんと応えるプロダクトであるべきだと、思ったわけです。

消費者と生産者を
プロダクトで繋げるために

今回はオフィスの木質化がテーマで特にインテリアとして木材を使うのですが、当然木材の良いところ、心地よさ、柔らかい手触り、温かみといったことはあります。でも、それ以上の意味が、あまり提示できてないと思ったんです。

だから、わかりやすい指標として「木材はCO2のストックである」という事に焦点を当てています。木が空気中の二酸化炭素から炭素を固着化してるという事実は、誰もが知っていながら、木材では意外とその側面で強調されてこなかった。炭素が固着された状態を、どう維持しストックするかが、また大事なんですけどね。

今の都市と森林の関係って、何かこう、ひっくり返った関係性というか。森林のために都市で森の木をストックするっていうのが、むしろリアルな役割なのでは、という思いがすごく浮かびました。

だから、原木市場で原木がうず高く積まれてる光景とか、製材所に整然と並んで積まれてる木材の姿っていうものを、そのまま都市にぶち込んでみたいんですね。それを実現させたいなっていう風に思ったのが、今回のプロダクトに関するちょっとした初期衝動ですね。その視点から、国産木材を使ったオフィスのプロダクトを考える際に、重要だと思う3つの言葉を用意したわけです。

1つ目は、カーボンストレージ。炭素をストックしておく貯蔵庫・収納庫であることが大事。2つ目が、リユーザビリティ。燃やさないで木として存在し続け、いかに永く使われ続けるかが非常に大事。3つ目は、アウェアネスっていう言葉を使ってますが、森林への無関心に対して、気づかせるのが大事だと思っているんです。

  • 宮崎晃吉/MITSUYOSHI MIYAZAKI
  • ●1982年 群馬県前橋市生まれ
  • ●2006年 東京藝術大学大学院修士課程修了
  • ●2008年( 株)磯崎新アトリエ勤務
  • ●2013年 設計事務所 HAGI STUDIO開設