スタジオ紡さんのMOCTION|わたしのMOCTION|MOCTION

スタジオ紡さんの
MOCTION

建主さんと東京の木をちゃんと繋げたい スタジオ紡/二級建築士 林 寿子さん

建主さんやクライアントには、木は多摩産材を使って計画を進めたいんだけれどもってお話を、できるだけ早い段階にするようにしてます。知ってるのは私たちなので、そこには実はこういうことがあってこういう取り組みで進めているんですと、私たちからちゃんとお話する。実際、東京の木で作れるって伝えると「え〜そんなに材料あるの?」って言われる事もありますが、そう言う時には林産地は他に比べると小さいけれどもちゃんとあるし、製材もやってるし、施工も加工もやってますよって言う話をすると興味は持ってくれますね。

家とかを建てるときに、建築で固定された物だけじゃなくてちょっと動かせるものとか、例えばテーブルだとか茶の間の座卓みたいな物を少し一緒に設計して置いてもらうと人が来たときに「家は無理だけど、こういうテーブルいいよね」って話になる。家の広さに合わせた大きさにしてもらったと聞けば「そっか、そんな風に作ってもらえるんだ」と、何かそういう感じで興味が湧いて、「実は、これ東京の山の木でね」と言うだけでも随分違うんで。

多摩産材や東京の木を使っても、建築物ができるんだということを、今回この施設ができることで、もっと町場の方、都心の方に認識が広がるといいですね。