株式会社 内田洋行さんとパワープレイス株式会社さんのMOCTION|わたしのMOCTION|MOCTION

株式会社 内田洋行さんと
パワープレイス株式会社さんの
MOCTION

生産地と消費地そこを繋ぐ人材が重要になる 株式会社 内田洋行/公共・オフィス関連事業 後列右/中田 知宏さん 後列左中/木内 麻文さん  後列右中/門元 英憲さん 前列右/小椋 滉平さん  前列中/仲山 純加さん パワープレイス株式会社/ 後列左/前田 昌利さん 前列左/谷知 大輔さん

【木内】内田洋行は、地域とそこに住む人達との繋がりをとても大切にしているんです。私たちの活動で地域を元気にしたいんですね。社長の大久保も宮崎県の林業大学校の名誉校長を務めたりして、トップが応援してくれてるのがすごく大きいんです。

【前田】ある地方自治体の遊戯場を作るときに、ここにいる谷知さんがやった仕組みが、令和元年度の林野庁の「森林・林業白書」に掲載されました。びっくりしたのはですね、この白書の中で「タニチシステム」として紹介されたんです。

【谷知】地域の材料を使うのって、すごく大変な事なんです。例えば、山から出てきた原木を、製材所で製材して乾燥して、二次加工して、家具とかに使える材料にしていくんですけど、そこをじゃあ誰がどうやって繋ぐのかっていうところが、すごくブラックボックスになっていて、使う側からしたら使いにくい、っていう事になるんです。

で、僕は色んな地域に協業できる仲間が居ますので、ほぼ全部仲間と連携して、丁寧に対応できるんです。そういう意味で言えば、ある地域の材を使わなければいけない案件がありますよって言われたら「対応できます」っていうのが、今の内田洋行、パワープレイスの強みとしてあります。