どれも使ってみたくなる 紀州材の木育玩具・生活雑貨ばなし|MOCTIONニュース|MOCTION
みんなのMOCTION

どれも使ってみたくなる 紀州材の木育玩具・生活雑貨ばなし

紀州材を多彩に活かす造り手たち

和歌山県“小・中規模の木造公共建築物等事例集”


動画 「紀州材を生み出す職人達」


森林資源が豊富な和歌山県は、多彩なMOCTIONを行っています。
古来から紀州材のスギ・ヒノキは「美しさ・粘り強さ」に定評がありますが、それ以外にも今回の出展品を見ていくと、未利用材の活用へ積極的に取組み、具体的な製品化を数多く製品化しています。
このMOCTIONにも、ぜひ注目してみてくださいね。

 
―――――
木育玩具
―――――
 
国産木材に親しみを持つ人を増やしていくために、木育は非常に重要なMOCTIONですが、その一番最初の入口となるのは、やはり木育玩具ではないでしょうか。
今回の展示で木育玩具を出展されている和歌山県の各企業は、いずれも木育の社会的な重要性を考え、その一環として木育玩具造りに取り組まれているように思います。
企業の社会貢献活動として、木育に取り組む事例が増えていくその先には、もちろんMOCTIONが掲げる「都市・オフィス木質化」の可能性を広げる事こも繋がります。
―――
 

【 アニマルカー 】 (ヒノキ)

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[木質建材メーカーの木育活動]

このMOCTIONは :

 

【 無垢ヒノキの玩具 】 (ヒノキ)

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[プレカット加工メーカーの木育活動] [地域材を活かす地域を超えた連携]

このMOCTIONは :

 

――― 【 つみきゅ 】 (スギ)

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[山主・総合製材業の木育活動]

このMOCTIONは :

 
 
―――――
生活雑貨
―――――
 
身近な暮らしの中で使う生活雑貨は、国産木材活用にとって製品の幅を広げてくれるうえに、手に取りやすいことからMOCTIONするきっかけを一般の人に向けて作るのに、大きな可能性も秘めている分野ではないでしょうか。
紀州材の活用は、人だけでなくペットや動物に向けても広がっていますが、例えば、おウチのネコさんにヒノキの香りでリラックスしてもらうのは、飼育というより、これも木育と呼びたいなと思いました。
―――
 

【 森のねこトイレ 】 (ヒノキ)

ヒノキの間伐材を利用して開発されたペレット状の猫砂。開発元が建築業というのも特徴。優良な県産品を認定・推奨するプレミア和歌山で取り扱われています。

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[隣接する異分野への進出] [間伐材の利用拡大]

このMOCTIONは :

 

【 パンダ・車のお弁当箱 】 (ヒノキ)

椅子・テーブルから趣味・小物まで、オーダーメイドも受け付けている多彩な木工技術を活かして、今回の出展ではお弁当箱にチャレンジ。

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[職人技とデザインの融合] [職人技の機会転用]

このMOCTIONは :

 

【 ヒノキミスト 「KOSUI」 】 (ヒノキ)

一本のヒノキからわずか0.1%しか抽出できないという貴重なエッセンシャルオイルをベースに、より日常で使いやすいミストを開発。手軽な一吹きでヒノキの爽やかな香りが広がるよう、普段使いの生活用品化することで利用機会を広げる試みです。 (ペット用品/車内/タバコあと/布製品になど)

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[隣接する異分野への進出] [木材の香り活用・人への有用性] [地域材を活かす地域を超えた連携]

このMOCTIONは :

 

【 展示用ラック 】 (ヒノキ)

木育玩具や生活雑貨などの出展品を並べてある紀州材のラックにも、未利用材活用の取組が込められています。
実は、この展示ラックは、虫食いされた「あかね材※」を使って製作。「目的はひとつ。熊野の山を守りたい。」この思いで集まった地元の有志が集まって活動しています。
(※あかね材:「スギノアカネトラカミキリ」がスギやヒノキの幹を食い荒らし、穴や赤茶色のシミが生じた木材)

■□■ MOCTIONのPoint !! ■□■

[未利用材の活用促進] [地域・材種の特徴を活かす] [特定地域材のブランド化に貢献]

このMOCTIONは :

 
 
―――――

その他の和歌山県のMOCTIONはこちらから
椅子の記事へ -->
床材の記事へ -->
 
こんな風に、和歌山県の取組を並べて見ていると、自分でもMOCTIONしたくなってきませんか?まずは何より、紀州材の息吹や香りを感じに、新宿のMOCTIONへ

―――――