思わず踏んでみたくなる 紀州材の床ばなし|MOCTIONニュース|MOCTION
みんなのMOCTION

思わず踏んでみたくなる 紀州材の床ばなし

紀州材を多彩に活かす造り手たち

和歌山県“小・中規模の木造公共建築物等事例集”


動画 「紀州材を生み出す職人達」


森林資源が豊富な和歌山県は、多彩な MOCTION を行っています。古来から紀州材のスギ・ヒノキは「美しさ・粘り強さ」に定評がありますが、それ以外にも今回の出展品を見ていくと、非流通材・未利用材の活用へ積極的に取組み、具体的な製品化を数多く製品化しています。この MOCTION にも、ぜひ注目してみてくださいね。

―――――
床材
―――――
和歌山県は今回、紀州材を活用した床材のサンプルを皆さんに見ていただくために、専用展示台を用意して展示を行っています。
パズルマットについては、実際に床へ敷かれている状態にして、その上に「木馬/ロッキングチェア」などを並べ、生活のワンシーンが感じられるようになっています。
―――

【 台形集成材 】 (ヒノキ)

小径間伐材の利用方法が少ないという問題に取り組んだヒノキの集成材。生産している田辺市中辺路木材加工場は和歌山県田辺市役所が維持管理を行っています。自治体が直接、集成材生産に乗り出し、間伐材の活用を促進することで、人工林の適正な維持管理を支えています。

■□■ MOCTION の Point !! ■□■

[自治体による木材製品の生産] [未利用材の活用促進]

この MOCTION は :

 

【 パズルマット 】 (ヒノキ)

ヒノキの台形集成材を使った製品開発。ジグソーパズルのピース形状に成形され、違う色味を組み合わせてインテリアの一部として楽しめます。
タイルカーペットのように並べるだけで手軽に木製の床が設置できるので、幼稚園・保育園の床、オフィスの一角で休憩コーナーとしても利用可能です。

■□■ MOCTION の Point !! ■□■

[屋内設置・修繕が簡易] [未利用材の活用促進] [機能性とデザイン性の融合] [協業・コラボによる革新性への挑戦]

この MOCTION は :

 

【 Nsk0 ウッド紀州材無垢圧縮フローリング材 】 (スギ・ヒノキ)

「和歌山けんさんぴん」に登録された床材。和歌山県内の人材や企業によって製品化された建設資材・紀州材を県が認定し、普及の後押しをしています。
この和歌山県産品登録制度で、県内経済の活性化や雇用促進をはかり、和歌山県主催の「けんさんぴん建設資材フェア」も開催されるなど、官民一体となって様々な施策を進めているようです。

■□■ MOCTION の Point !! ■□■

[官民一体の取組] 「スギ材の床への利用」

この MOCTION は :

 

【 無垢のフローリング材 】 (スギ・ヒノキ)

「美しく粘り強い」ことで知られている紀州材スギ・ヒノキの、無垢の床材です。特に「粘り強さ」は、和歌山県林業試験場によって数値化されていて、紀州材普及を後押しするデータとして広く活用されています。

■□■ MOCTION の Point !! ■□■

[官民一体の取組] [数値データによる活用促進]

この MOCTION は :

 

【 シイのフローリング材 】 (シイ)

未利用材にも色々なケースがありますが、和歌山県は県内の資源量が多いシイに着目してその利用拡大を図ろうと取り組んでいます。
シイの板目面硬さは、ケヤキと同等の 17.5N/mm2 で、オーク(なら)、ぶな(ビーチ)以上に堅いため、外材広葉樹の代替が期待されています。伐採後の回復も30年程度と短く、しかも萌芽更新で植林が不要な点など、メリットが多いようです。天然林が多い広葉樹については、林業地として考えていない自治体も多いですが、参考になる取組ではないでしょうか。
参考) 板目面硬さ
・スギ : 5.0 N/mm2
・ヒノキ : 8.0 N/mm2
・アカマツ : 7.0 N/mm2
・オーク(なら) : 11.0 N/mm2
・ブナ(ビーチ) : 14.0 N/mm2
・ケヤキ : 17.5 N/mm2
・シイ : 17.5 N/mm2
(データ出典:木材工業ハンドブック)

■□■ MOCTION の Point !! ■□■

[未利用材の活用促進] [天然林・広葉樹の利用拡大][外材広葉樹の代替施策]

この MOCTION は :
和歌山県森林組合連合会

 
 
―――――

その他の和歌山県の MOCTION はこちらから
椅子の記事へ -->
木育玩具・生活雑貨の記事へ -->
 
こんな風に、和歌山県の取組を並べて見ていると、自分でも MOCTION したくなりませんか?まずは何より、紀州材の息吹や香りを感じに、新宿の MOCTION へ

―――――